愛猫がドライフードを食べてくれない場合の対処法

ドライフードを食べてくれない!?そんなときの解決策をチェックしてみよう

総合栄養食として取り入れられているドライタイプのキャットフード
実際に与えたいという飼い主の方も多いのではないでしょうか。しかし、中には「うまく食べてくれない」ということもあるようです。食べ進みをよくするためにできる工夫というものはあるのでしょうか。今回はそんな解決策について考えてみましょう。

ウエットフードを上手に使ってみよう

まずはドライフードにウエットフードを混ぜていくというスタンスです。今までウエットフードを食べてきたという猫には有効的な解決策といえるでしょう。

ポイントとしては徐々にドライに切り替えていくという事。最初はウエットフード9割に対してドライフード1割ていどで食べさせていくとよいでしょう。そして食べ進み方を見ながらドライフードの量を増やしていくのです。自然な形で切り替えできるかと思います。

ドライフードを食べやすくする解決策

次にドライフードのみを使用したいという場合には「食べやすい状態にする」というのも良いでしょう。
具体的な方法になりますが、お湯などでふやかすというものになります。簡単に実践手咳る方法ともいえるでしょう。ただし、味やにおいに飽きている・好きではないという場合には、お湯でふやかしても食べないということもあるようです。そして、歯の健康のことを考えると徐々に固いものに戻すことも大切です。

メーカーを考え直してみること

ドライフードを急に食べなくなってしまったという時に実践していただきたい方法です。急に食べなくなったという場合は、ドライフードではなく「味やにおい」に飽きてしまったという事が大半のようです。ですから、種類を見直すだけで食べてくれるようになるという事も少なくないのです。

愛猫にあった解決策を選んでいこう

今回は、ドライフードの食べ進みが悪いときの解決策についていくつか掲げていきました。
愛猫にあわせた解決策を選ぶこと、またはいくつかの解決策を取り入れてみることが良いでしょう。

関連記事はコチラ