子猫の為のキャットフード選び

健康的な発育を助ける子猫のためのキャットフードの与え方などについて

ミルクを卒業してキャットフードにと考えている方もいらっしゃるかもしれません、子猫から徐々に大人になっていく過程でキャットフードを上手に取り入れてくことが大切になってきます。
そこで今回は、この子猫のためのキャットフードの与え方などについてみていきましょう。

離乳食から始めると考えるとわかりやすい

人間の赤ちゃんも卒乳をして離乳食になり大人と同じような食事内容になっていきます。
子猫のとっても同じことなのです。ですからまず最初のアプローチとしては、離乳食となる「ウエットフード」のような柔らかい食感のものから取り入れていくとよいでしょう。

徐々にドライフードにシフトしていく

最初はウエットフードから始めていただくのですが、段階を追ってドライフードにシフトしていくのが一般的です。
といっても、急に変えてしまうのは食べ進みが悪くなってしまう要因にもなりかねません。ですから、ウエットフードにドライフードを混ぜて少しずつドライフードの量を増やしていくというのがおすすめです。

子猫のためのドライフードの選び方

子猫の場合、大人の猫と比較をすると口のサイズが小さいことが考えられます。ですから、ドライフードも「粒が小さめのもの」を選んでいくとよいでしょう。口に運びやすいということはもちろろんですが、丸飲みの防止・嘔吐の防止という点でも有効的です。

今では、子猫専用のキャットフードも販売されていますのでそれらを取り入れていくことが安心でしょう。
それぞれの体格などに合わせて適量を与えていくことによって健康も維持しやすいかとも思います。

気にかけておきたいポイント

子猫用のキャットフードは、海洋化が非常に高いというのが特徴です。だからこそ、カロリーも高くなりやすいのです。上手にコントロールをして肥満状態にならないように心がけましょう。

健康的な発育を助けるキャットフード

このように子猫にとって大切なキャットフードの選び方を知っておくことは健康的な発育にもつながるかと思いますので認識しておきましょう。

関連記事はコチラ