キャットフードの正しい保管方法

キャットフードのタイプ別の保管場所と保管方法について

キャットフードには、ドライタイプ・ウェットタイプなどがあります。それぞれに保管方法があります。計画的に利用して消費期限内に使い切るようにしましょう。消費期限が過ぎると猫の健康を害するかもしれませんし味も悪くなり食欲不振に繋がります。今回は【キャットフードのタイプ別の保管場所と保管方法について】ご紹介します。

ドライタイプのキャットフード

このタイプのメリットは比較的長期間の保存が可能であることです。ですが一度、猫が口を付けると唾液が付きます。微生物が発生する理由にもなります。面倒でも少量ずつ出すようにするのがポイントです。残したものは捨てて新しいものに変えましょう。

猫のサイズに応じたキャットフードを選びましょう。開封したあとは、できるだけ早期に使いきるようにするためです。開封したあとは袋の封をしっかりとします。保存する場合は直射日光をさけて、温度や湿度が低いところを選びます。ですが、冷蔵庫での保存はNG。温度差が生じてカビが発生します。常温で保存してください。

ウエットタイプのキャットフード

猫に与えることの手間を避けるために、1食分ずつに小分けして冷凍保存する人もいます。その都度解凍するわけです。悪くはないですが、風味や見た目に注意しましょう。ウエットタイプは品質の変化や風味の変化が早いです。

フードボールに出しっぱなしのエサの与え方はNG。猫が残して食べきれない分は、開封しても別の容器に移し替えましょう。冷蔵庫に保管し当日に使い切れば大丈夫です。

セミモイストタイプ・ソフトドライタイプのキャットフード

保存する場所は直射日光が当たらない場所・温度変化が少ない場所を選びましょう。密封包装されたキャットフードは開封後は常温保管ではなくて冷蔵庫での保管がいいです。2週間程度までには使い切ってください。しっかりと封をしてください。冷蔵庫からは使う分だけを取り出します。袋の中に脱酸素剤が入っていても開封してしまうと効果がありません。

いかがでしたでしょうか?
キャットフードのタイプ別の保管場所と保管方法についてをご紹介しましたので参考にしてみてください。

関連記事はコチラ