肥満気味の猫に与えるキャットフード

猫の肥満防止に低カロリーのキャットフードを使ってあげよう

猫を飼う場合は、キャットフードをご飯として与えるのが普通ですが昨今、キャットフードも深化し多様性が出てきているんですね。なので、猫の栄養管理のためにはキャットフード選びをしてあげるというのも大事なことなんです。

カロリーをチェックしてあげたい

キャットフードの深化によって、キャットフードにも多様性が出てきて猫の体調などに合わせて切り替えをしてあげることも大事になってきたんですね。そうしないと、猫にとって必要な栄養素が足りなくなってしまったり、逆に過剰な栄養を与えてしまうことにつながってしまって、結果として健康を損なってしまう可能性があるのです。

特に、最近は室内飼いの猫も増えてきており運動不足になってしまったりして、猫の肥満のケースが増えてきているのですが、まさに必要以上の栄養を与えてしまうことによる弊害がこれなんですね。

低カロリーキャットフードを使い分けよう

肥満の室内飼い猫が増えている今、通常用のキャットフードとは別に低カロリーキャットフードという物を用意しておくといいでしょう。低カロリーと書いてある物や、ライト用、ダイエット用など他にも様々な表記の物がありますね。他にも、ライフステージ区別でのシニア用キャットフードも低カロリーキャットフードであることが多いですね。

他にも、ウェットフードなども低カロリーであることが多いのでこういったキャットフードの使い分けをすることによって肥満を防止したり解消したりする事が出来るんですね。水分のある食事を併用することで、便秘防止にもなりますのでおすすめです。

猫のダイエットについて

肥満になったから猫をダイエットさせようと、ご飯の量を減らすと猫は結構不満そうにするんですね。
そうなってしまわないように、低カロリーキャットフードを使うことによって量を減らすことなく食べさせてあげることができます。
これも、まるごと変更するのではなく徐々に混ぜて比率を変更するように切り替えてあげましょう。

関連記事はコチラ